ニャンドウティ

ニャンドゥティとは現地のグァラニ語で「クモの巣」という意味で、16世紀にスペインから伝わったレースが現地の文化と融合し独自のレース編みが生まれました。モチーフは350種類以上あり、パラグアイの自然や生活に密着したユニークなものがたくさんあります。また、パラグアイならではの鮮やかな配色と繊細なグラデーションが特徴的で、まさに癒しの虹色のレース。民族衣装や室内装飾に多く使われていますが、近年はドレスやハンドバッグなどにも斬新なデザインで活用されることも多くなってきました。職人の多くは女性ですが最近は職人が高齢化しつつあり同時に若手後継者が不足していることが問題です。日本をはじめ世界にその魅力を知ってもらおうと、パラグアイ政府観光庁は力をいれています。bouquet garniでは、ニャンドゥティを二つのお取引先さまから展開させていただいております。一つは特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金(以下、ミタイ基金)。
もう一つはニャンドゥティの作り方教室を主宰され、日本におけるニャンドゥティ界のパイオニア的存在のうちのお一人、岩谷みえエレナ先生。

ニャンドゥティ

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金について

http://mitai-mitakunai.com/

ミタイ基金は代表理事の藤掛洋子の青年海外協力隊の活動が前身となり、1995年に設立されました。ミタイは男の子、ミタクニャイは女の子という意味のグアラニー語(パラグアイの現地語)です。南米パラグアイ共和国における非日系の農村の人々、特に子どもたちへの支援を行っています。活動内容は学校建設支援やフェアトレードの実践、スラムでの生活改善活動であり、2010年に発足したミタイ基金学生部と連携し、国内外で活動を行っています。

ミタイ基金のフェアトレードについて

ミタイ基金ではパラグアイの伝統工芸品であるニャンドゥティを作っている現地の女性たちから商品を直接を購入し、日本で販売しています。作り手の方から購入する際には、商品の価値を尊重し、作り手の方が正当な利益を得られるような取引をしています。現地には基金のスタッフやインターンが出向き、質の向上のために講習会なども実施しています。購入した商品は、日本でのイベントやbouquet garniをはじめ、インターネットを通じ販売しております。そこで出た利益は学校建設や子どもたちへの奨学金などに充てています。 bouquet garniでは、ミタイ・ミタクニャイ子ども基金の製品の売り上げの一部を基金に寄付し、継続的な支援を行います。

ミタイ基金

岩谷 みえ エレナ( Mie Elena Kanazawa de Iwatani )先生について

国籍:パラグアイ共和国
パラグアイ、ラ・コルメナ生まれのパラグアイ人(日系二世)。看護・助産師として活動後、アルゼンチン、パラグアイ、日本に住む。ニャンドゥティやアルパなどパラグアイの文化を広く紹介。ニャンドゥティの作り方教室「Academia Mie Elena」を主宰し、講師の他、ニャンドゥティの製作実演や販売も行う。パラグアイ国立伝統工芸院(IPA)ニャンドゥティ指導員。2015年、初めての本格的なニャンドゥティの解説書となる「パラグアイに伝わる虹色レース・ニャンドゥティ~伝統の模様と作り方」(成文堂新光社)を出版。 ニャンドゥティが広く知られることが自国のニャンドゥティ産業の発展につながることを願って活動しており、自身の教室の他にカルチャースクール多数で教えるほか、各地でのワークショップ、大使館イベントや小中学校国際理解教室での講演・実演、JATA世界旅行博、パラグアイフェスティバルなどイベントでの実演・ワークショップなどを精力的に実施されていらっしゃいます。 ニャンドゥティの名人、エリオドーラ・マルティネス氏(愛称チキータ)らが設立したニャンドゥティ学校“タバ・イタグア(Tava Itagua)”に対し、売り上げの一部での支援活動を行っています。 2016年には、(一社)イマジン・ワンワールドの“KIMONO PROJECT”で、パラグアイをテーマにした着物の製作にあたり、自著で紹介したニャンドゥティのモチーフが西陣織(紫紘)の帯の図柄に使用されました。

岩谷先生

ノクシカタ

ベンガル地方に伝わる刺子のことで「ノクシ」はデザイン、「カタ」は布を意味します。 現在では鮮やかな色の布を使った商業的なデザインのものも多く見られますが、もともとは使い古したサリーやルンギ(男性用のスカートのような布)を何枚か重ねて縫い合わせることでブランケットやベッドカバーとして再利用するために作られてきました。

ノクシカタ

母親から娘へと伝えられてきたもののため、家庭の事情で学校へ行けなかった女性にとって貴重な現金収入の源となっています。また、bouquet garniでお取り扱いいたしますノクシカタは、バングラデシュやインドの小さな家内工業や技術をもった主婦および村の小さなコミュニティの人々と協業している団体から仕入れており、この団体のノクシカタはノーベル平和賞を受賞したあのユヌス氏も使っています。 これらの取り扱う製品を作る環境においては、「バングラデシュおよびインドで働いてくれている人たちに公正な賃金が払われること」「安全で良い労働環境であること」「子供を労働力として不当に使わないこと」「性別、宗教、人種による差別が無いこと」を大切にフェアトレードで運営されています。

ノクシカタ

ハンドメイド雑貨

国内、海外、プロ、素人問わず、店主のインスピレーションで素敵と感じた作品や、bouquet garniオリジナルも。
ウェルフェア(福祉)トレード雑貨、カゴトレイ、カゴティッシュケース、七宝焼きアクセサリーなど

ハンドメイド

世界各地から届いた雑貨

インド雑貨など

世界の雑貨

ヴィンテージ雑貨

世界中の蚤の市やマーケット、青空市などでバイイングした、世代を超えてなお一層魅力を増す宝物。
宝探し感覚であなたのお宝を見つけてください。

ヴィンテージ

Instagram facebook